先輩社員の声

社員インタビュー

営業部

int01.jpg

Sさん(平成18年度入社)

「信頼第一」

営業は、お得意先へ訪問し、どういった印刷物が作りたいのかをお聞きしてそれらを形にしていく仕事です。
お得意先を小まめに訪問し、昨年の実績を下回ることのないように、実績に対し漏れがない様印刷物を受注することが最低限の仕事です。これまでの発注時期や発注頻度、発注金額を把握して、事前にご案内をしていきます。
印刷物は、オーダーメイドで制作することが多いため、受注を頂いた後も、原稿を受け取りに伺ったり、レイアウト編集した出力紙を持参し確認をしてもらったりと頻繁にお客様のところに通うことになります。こういった一つ一つのやり取りの中でお客様との信頼関係を構築していきます。
また、お得意先や担当者様にメリットのある提案をし新しく印刷物を発注していただく事、併せて新規顧客を獲得していく事が売上アップには欠かせません。

総務部

int02.jpg

Sさん(平成18年度入社)

「縁の下の力持ちに…」

事務職は退屈でやりがいがないと思われがちですが、10年も続けるとそれなりに愛着が湧きます。会社の中で唯一生産に関わらない部署ですが、営業をサポートしたり表面的には地味だけど縁の下の力持ちを目指します。
他部署との仕事上の接点は少ないですが、いつでも・誰でも気軽に話しに(相談に?)来てもらえる様な場所にしたいと思っています。

制作課

int03.jpg

Nさん(平成23年度入社)

「『想い』を一番最初に『カタチ』にする場所」

制作課では、チラシやパンフレット、広報誌など印刷物全般のデータ作成を行っています。お客様の要望を元にデザインを作成し、「想い」を一番最初に「カタチ」にする工程です。
デザインだけでなく、データ修正、入稿データのチェックなど幅広い業務があり、繁忙期には時間に追われ、楽な仕事ではありませんが、自分で納得いくデザインができ、営業から「このデザインお客様が喜んでいましたよ!」と言われた時に味わう達成感や喜びが、モチベーションアップにつながっています。
デザインやツールは年々進化しているので常に情報収集をし、効率的に高クオリティのものを作れるよう、日々スキルアップしていきたいと思います。

POD課

int04.jpg

Tさん(平成25年度入社)

「夢は大きく前進あるのみ」

現在は、富士ゼロックスV2100、キヤノンC800のオンデマンド機を使用し小ロットのチラシやパンフレットなど多品種の印刷を行っております。約2年前からオンデマンド印刷に携わるようになり、印刷経験が全くなく不安でいっぱいの状態でのスタートでした。しかし、メーカーさんのご指導・サポートもあり日々勉強し、やりがいのあるお仕事をさせて頂いています。
部署内で毎月目標を立てメンバー全員が一つの目標に向かって頑張っています。また、社内で報奨プログラムもあり達成感や会社に貢献する喜びも感じる事ができています。
今後の目標は超高速・大型のオンデマンド機導入に繋がるようスキルアップし、お客様に喜んで頂けるよう短納期、高品質の商品が印刷できるように日々努力していきたいと思っています。

製版課

int05.jpg

Sさん(平成9年度入社)

「日々、勉強」

私は、制作課が作成したデータを印刷機にかけられるようアルミの板にCTPという機械を通して直接版を出力する製版という部署に携わっています。工場ではスタート地点ということもあり、常に印刷機の稼働状況を把握し、後工程の方が作業しやすいよう、どうすれば効率よくムダなく進むかを考えながら面付し刷版を出力しています。一つの印刷物が出来上がるまでには、いくつかの工程を経て完成します。お客様を第一に考え、社員同士が密に報告、連絡、相談し合い、喜んで頂けるもの作りを目指し、社員一丸となり日々研究、意見を交わすことで仕事へのやりがい、またお客様の喜びの声が達成感に繋がります。今後も自分の仕事には責任を持ち、お客様目線に立ったよい製品作りを目指していきたいと思います。

印刷課

int06.jpg

Yさん(平成23年度入社)

「日々の小さな積み重ねが、人を大きく成長させる。」

入社して7年目になりました。私の仕事は、主に封筒の印刷です。最初は印刷の知識も封筒の種類も分からず、なかなか満足のいく印刷もできませんでした。失敗などして落ち込むこともありましたが、今では自分でも満足のいく印刷ができた時に、やりがいと達成感、そして充実感を感じることが出来るようになりました。
今後の目標は、封筒以外の印刷、製版などを勉強していきたいと思います。

製本課

int07.jpg

Tさん(平成15年度入社)

「最終工程の砦 製本課」

私が所属している製本課は、印刷されたものを検品・加工して製品に仕上げていく最終工程の場です。この工程でミスがあると、すべての工程をやり直さないといけないので責任は重大です。また、製品の品質にも左右します。
製本作業は個人でできる仕事ではなく、みんなの協力があって出来る仕事です。なので、みんなで製品を完成させていくということに喜びと達成感を得ています。
今後の目標としては、社長がよくおっしゃっているのですが、「与えられた仕事をこなすだけではなくプラスα出来ることはないか?」を意識して習慣化していけたらいいなと思います。