印刷Q&A

印刷について

Q: オフセット印刷という言葉をよく聞きますが、どんな印刷方法ですか?

オフセット印刷とは、「平版印刷」とも呼ばれ、水と油(インキ)の反発を利用した印刷方法です。それまで主流であった凸版や活版、またはグラビア印刷よりも容易に写真製版が出来ることから普及しました。

Q: オンデマンド印刷という言葉をよく聞きますが、どんな印刷なのですか?

オンデマンドはon demand=要求に応じてという意味です。オンデマンド印刷はお客様の要求に合わせて「必要なものを、必要な時に、必要な数だけ」印刷するシステムの事です。デジタルのデータを直接出力する印刷機(デジタル印刷機)を使用し、少部数の印刷物を低価格で仕上げる事が可能です。短時間・短納期で少部数の印刷物が必要な場合に適しています。

Q: 印刷会社で使う紙にはどんな種類があるのですか?

印刷会社では、お客様の仕上がりのご要望に応じてさまざまな種類の紙を使用いたします。

  • コート紙…チラシなどの商業印刷にいちばん使用される紙です。紙の表面がなめらかになるようにコーティングされているため印刷に適し、光沢があります。鮮やかな発色で写真が美しく仕上がります。
  • マット紙(マットコート紙)…コート紙のツルツルとした感じと光沢を抑えた紙で発色がよく、コート紙よりも高級感のある仕上がりとなるため、カタログやパンフレットなどの印刷に適しています。
  • アート紙…上級印刷用紙で写真集や高級パンフレットなどに使用します。
  • 上質紙…一般的な事務用印刷物(コピー用紙など)や本などに使用します。表面をコーティングしていないので、えんぴつやボールペンなどでの書き込みができます。なお、紙の料金は紙の厚さとそれに伴う重さよって異なります。それぞれの紙には厚さの種類があり、厚さが増すほど重さも増し、料金も異なってきます。

Q: 印刷できない色はあるのですか?

パソコンのモニターなどはRGB(赤・緑・青)という3色の光源で再現されています。しかし印刷物は一般にCMYK(青・赤・黄・黒)という4色で表現されています。そのためモニター上での色彩の発色と印刷物との色彩では異なることがあります。印刷される色は下地となる紙の色の影響を受けることがあります。また印刷物での白色は基本的に印刷される紙の色で表現されます。

入稿について

Q: Microsoft WordやExcelで作成したもので入稿したいのですが、そのまま印刷用データとして使えますか?

入稿可能ですが、そのままでは使用できません。印刷用のデータ制作は主としてDTPソフトで行われています。DTPソフトとは、イラストを作成するドロー・グラフィックソフト、写真を加工するフォトレタッチソフト、誌面構成を受け持つレイアウトソフトに大別され、それぞれに専用のソフトが用意されています。(Illustrator、Photoshop、InDesignなど)
Microsoft WordやExcel等で作成したデータとDTPソフトではファイル形式、フォント種類等、様々な要素で違いがあるため、そのまま印刷用データとして使用することが出来ません。
データ変換や修正、場合によってはDTPソフトで作り直しすることもあります。印刷会社で作り直しや校正の時間が取れない場合は、Microsoft WordやExcel等で作成し場合は文字を埋め込みしてPDF化し入稿していただく流れとなります。色数・頁数によってですが、中には、原稿をスキャニングしてデータ化し対応する場合もあります。その場合網点は再現されません。 また、DTPソフトで作成したデータでも、ソフトやバージョン、OS等の制作環境の違いにより、データに不具合が生じる場合があるので注意が必要です。

Q: メールやインターネットから入稿できますか?

メールでの入稿も受け付けております。入稿の際には必ずデータをフォルダに入れて圧縮してから送信してください。圧縮せずにそのままの状態で送信するとデータが破損する恐れがあります。その際に、データの保存形式や仕上がりサイズ等を明記した簡易的で構いませんが入稿指示書を一緒に送っていただくと入稿データのチェック作業がやりやすくなるのでお願い致します。また、入稿間違えのトラブルを防ぐため件名に名前や製品名を明記・開封確認通知の設定をお勧めしております。メールでの入稿でご不明な点がございましたら問い合わせ下さい。入稿に関しましての指示をお出しします。

Q: アウトラインについて教えてください(Adobeイラストレーターの場合)

文字や記号をテキストデータではなくパスまたは画像データとして扱うために、文字の形をそのまま保った状態で線画に置き換える作業を「アウトラインをとる」といいます。印刷データ(DTPソフトデータ)での入稿の際には、対応フォント、文字化け等のトラブルを避けるためにアウトライン化したデータでの入稿をお願いしております。

その他の質問について

Q: 見積りに必要な条件とは?何が分かれば見積りできますか?

基本的には印刷物の枚数、サイズ、ページ物の場合はページ数、印刷に使用する色数(カラーか白黒かなど)、紙の種類等です。

Q: 印刷物を作りたいけど、内容(原稿等)はまだ決まっていません

ご相談をいただければ、お客様の希望する印刷物を企画、デザイン致します。印刷物の目的やイメージをお伝えいただければ、原稿や素材をご用意致します。企画デザイン部門のスタッフがお客様の希望するイメージを具体的なデザインに起こします。