SPツール

SPツール

デザイン提案から印刷まで…

長年培ってきた印刷技術と信頼でより深い顧客満足へ挑戦し続けていきます

sp_img02.jpg

ヤマガでは平成24年にLEDインキ対応の両面8色機RYOBI 928Pを導入致しました。「A全両面8色機の生産性」と「LEDインキの速乾性」を活用し、従来より大中ロットの商品を高品質且つ短納期で印刷できるようになりました。
印刷内容は多岐にわたり、チラシ、ポスター、冊子、パンフレット、書籍、DM、封筒、名刺、カード、チケット、帳票類 などがあります。

印刷機械設備の増強

sp_img05.jpg

印刷業界で使用されている機械は常に進化し続けています。Webや各種媒体などの台頭により、業界の伸び悩みが懸念される事も多いですがヤマガでは膨大な情報を整理し、高い表現力へと変化させることで他社との差別化を図ります。また、印刷は受注から納品まで幾重にもわたる細密な品質管理が求められる媒体ですので積極的に印刷機械などの設備増強を行っています。

企画からデザイン、印刷まですべてお任せください

ヤマガでは企画・デザインから印刷、製本、加工まですべての工程に専門スタッフがいます。商品紹介や会社案内等のチラシ・パンフレット等々、印刷会社のもつノウハウを最大限に活用し、企画・デザインから納品、追加受注まで丁寧にサポート致します。

チラシ印刷

sp_img01.jpg

チラシといえば沢山作って沢山配るという文字通り「散らし」というイメージがありました。しかしせっかく作るものだから「効果の高いものをつくりたい」というお客様の声にお答えすべく、ヤマガではお客様と担当者が入念な打ち合わせを行うことで、反応率の高いチラシ作りのお手伝いをさせていただきます。

大判プリント

sp_img06.jpg

ポスター等、多様化する用途にお応えします。弊社ではCanon iPF8400を使用しB0サイズのポスター出力にも対応致します。

Design

ヤマガでは、名刺から記念誌まで多彩な制作物のデザインを手がけています。確かなデザインコンセプトと作業フローで、最大限にお客様の想いを表現していきます。
小さなものから大きなものまで、媒体の数だけデザインはありますがヤマガでは名刺やチケット、パンフレット、書籍、学校案内、記念誌といったものから、店舗看板や店舗外装といったあらゆるデザインに柔軟に対応いたします。

企画力・デザイン力でお客様をトータルサポート

固定概念にとらわれない自由な発想で、より効果的なデザインをご提案

見た目をキレイにかっこ良くするだけがデザインではありません。お客様の伝えたい情報や特徴をより分かりやすく、より魅力的にユーザーに表現していくことがデザインの本質だと考えます。「どうすればより効果的か」を考え、これまでの培ってきた経験やノウハウで多彩な発想により生み出したデザインをお客様にご提案いたします。デザインには「正解」がありません。最後までお客様と共に納得いくまで作り上げていきます。最終的に「作り上げた喜び」を共に分かち合えることが私達の喜びです。 ヤマガではカタチある有意義な商品を生み出すために案件の大小に関わらず、どれだけ「有益な提案が出来るか」「付加価値を感じていただけるか」「ご満足いただけるか」など、常にお客様目線に立った考え方を基本としています。

DTP

卓越したDTPオペレーターによる、ハイクオリティな編集・デザイン・組版を実現

sp_img08.jpg

DTP(DeskTop Publishing)とは、印刷物や出版物の編集、デザイン、レイアウトといった作業をコンピュータを使用して行うことを言います。ヤマガではこれまで、Adobe社のInDesignやIllustrator、Photoshopを使用し、書籍や冊子、カタログ、パンフレットなど多種多様な制作物を手がけてきました。製版・印刷に関する専門知識に加え、これまで培ってきたアプリケーションスキルによって、クオリティの高い組版処理を行います。さらに、編集・デザイン・組版と連携のとれたワークフローで、迅速・確実な作業を行い、お客様が思い描くビジョンを、洗練されたデザインに仕上げていきます。 また、「せっかくWordできれいに作ったので、このまま使用してほしい」というお客様のニーズにも対応するために、Microsoft OfficeのWordやExcelのデータをそのまま印刷物にすることも可能です。

校正作業

きちんとした情報を届けるために、一文字一文字を徹底的に校正

sp_img09.jpg

たった一文字のミスでも顧客やユーザーに多大な影響を与えてしまうため、校正作業にも神経を使います。 最近ではお客様からのデータ入稿が多く、手書き原稿を入力することは少なくなってきました。その代わり増えてきたのが、原稿作成時の入力ミスや、ワープロソフトならではの変換ミスです。ヤマガでは校正に特化した専門部署を設けており、文字・文章が原稿通りであるかどうかの確認だけでなく、入力ミスや変換ミスの発見、さらには年月日と曜日の不一致、内容のくい違いや矛盾点、目次と内容との整合性、全体を通しての語句や体裁の統一などを徹底的にチェックいたします。

制作の流れ

デザイン作業を進める上で、以下のような順序を決めて制作を進めていきます。

1 担当営業によるヒアリング

「どういったデザインをご希望か」「どのようなメディアで発信するのか」など、まずはクライアント様のご要望をヒアリングさせていただきます。

2 コンセプト・方向性の検討

ヒアリングした内容を元に、デザインのコンセプトと方向性を検討していきます。クライアント様のご要望から、「どうすれば効果的なデザインをご提供できるか」を熟考していきます。

3 キャッチコピー・デザイン構成の立案

キャッチコピーは、デザインを作り上げていく上で欠かせない要素です。デザイン構成とともに、訴求力のあるキャッチコピーをご提案いたします。

4 クリエイション

制作には、経験を積んだデザイナーが対応いたします。コンセプトを最大限に生かしお客様に納得していただくため、デザイン・コピーライトに至るまで、何度もディレクションを重ねていきます。

5 印刷・製本・納品

デザインやコピーすべてにおいてクライアント様のOKをいただいた後、印刷、製本工程を経て出来上がった製品をお客様の元に納品いたします。

印刷工程の流れ

製品をより良いカタチにするため、自社工場での作業を行います。印刷に関わる全ての工程を社内で行うためハイクオリティで迅速な対応が可能となり、お客様の想像を超える製品に仕上げて、ニーズの更に上を目指していく事が可能となります。

1 刷版作業

素材&カラーチェック後、印刷用に加工したDTPデータを版に移行

sp_img10.jpg

近年の印刷物はお客様よりお預かりした画像データを使用することが増えています。その大半はRGBデータのため、そのままでは印刷データとしては使用出来ません。これらのデータをCMYKの印刷可能なデータへと変換し、トリミング・マスクなどの加工、モアレの調整などを施します。また、思いどおりの色合いが再現できるようモニターやプリンタなどのカラーキャリブレーション管理も重要な業務となり、それらの行程を踏んだ上でのDTPデータを版に移していきます。 カラー、モノクロで製版方法に違いはありますが、その際に適切なデータか否かを確認、刷版の出力の際に発生しやすいキズや汚れなどをチェックしていきます。ここでも専門部署の徹底した管理体制で印刷のクオリティを維持していきます。

2 印刷

印刷のプロによる確かなカラーマネジメントで高品質な仕上がりをご提供

sp_img07.jpg

ヤマガではオフセット方式(平版の一種)とオンデマンド方式での印刷を行っています。オフセット印刷には、紙1枚ずつに印刷していく枚葉機、巻取り紙に連続的に印刷する輪転機などがありますが、ヤマガでは数台の枚葉機で日々の印刷業務を行っています。カラーからモノクロ、大ロットから小ロットまで、様々な印刷機で各種印刷に対応できる設備を備えており、お客様の要望に限りなく近づけるため、経験豊富なオペレーターが対応いたします。 現在、CTP(Computer To Plate)方式によりデジタルデータを刷版(印刷原版)に出力することで、短納期化、精度の向上、高細緻な表現が可能になりました。またカラー印刷は、モニター画面・プリンター出力・印刷物それぞれが同じ色調に仕上がるよう、カラーマネジメントを行い、正確で美しい印刷を実現いたします。

3 製本

より見やすく、伝わりやすく、あらゆる製本に対応

sp_img04.jpg

製本とは、印刷した紙をお客様の注文通りの製品に仕上げていく最終段階であり、製品の品質を左右する最も重要な工程です。ヤマガでは製本部署にも充実した設備を整えており、断ち割り断裁、丁合、無線綴じ製本、ミシン入れ、スジ付け、糊仕上げや穴開け作業等、どんなご要望にもお応えします。 そして、製本作業による商品の完成が終わりではなく、封入作業、仕分け作業、梱包作業、商品の発送までに対応しており、お客様の「ここまでしてほしい」というご要望にとことん向き合って対応させていただきます。